Twitterで質の高いフォロワー1000人を25日で獲得した方法まとめ

こんにちは、りくとです。

今回は私が「Twitterで質の高いフォロワー1000人を25日で獲得した方法」について書いていきます。

この記事を読めば、Twitterでフォロワー1000人を獲得し、ある程度の影響力を持つことができます。

質の高いフォロワーを1000人獲得したい方は特に必見な内容となっています。

正直なところ、1000フォロワーを達成するだけなら1日でできます。

相互フォローを希望しているアカウントをひたすらフォローしまくればいいだけだからです。2000人もフォローすればまず達成できるでしょう。

しかし、これでは意味がありません。なぜならその人たちには拡散力がないから。

相互希望の人はフォロワーを増やすことのみを目的としている場合が多いので、いいねやリツイートをしてくれることはほとんどありませんし、してくれたとしてもその他の人には全くと言っていいほど見てもらえません。

質の高いフォロワー(自分の発信するツイート内容に興味を持ってくれそうなターゲットユーザー)を獲得することで、自身のツイートを見てもらえるばかりか、拡散してもらえる機会も格段に増えます。

そのため、フォローを相手側からしてくれる可能性も出てくるわけですね。

私の場合はこうしてブログをやっていますので、その告知用として非常に重宝していますし、何より同じ志を持った方ばかりがTLにいるのでモチベーションが非常に高まります。

ですからフォロワーをただ増やしたいだけなのではなく、その先に何か目的を持っているのであれば質の高いフォロワーを獲得するのは必須条件と言えます。

今回はそのための方法を私の実際の経験を基に解説していきます。

1. Twitterで質の高いフォロワーを増やすコツ5選

私がこれまで質の高いフォロワーを増やすためにやってきたことは大きく分けると以下の5つになります。

・実績をアピール

・同志かつフォローを返してくれそうな人をフォロー

・いいねやリツイート、リプなどで反応

・なるべく多くの有益ツイートを発信

・ハッシュタグを有効活用

ではここからそれぞれについて詳しく見ていきます。

1.1 実績をアピール

正直これが圧倒的に1番大切です。

ここでいう実績は現在やこれまでの職業・経験も含まれています。

これがうまくいけば一気にフォロワー1万人達成なんていうのも夢じゃありません。

これは芸能人を例にとってみるとわかりやすいと思います。

例えばですが、新垣結衣さんがTwitterを始めたらみんな誰でもフォローしますよねっていう話です。

元々ある程度実績がある人であればそれをアピールするだけですぐにフォロワーが増えます。

例えば、元日本代表とかですね。ブログで言ったら、月間アクセス数〇万みたいな感じですね。

胡散臭い感じがする場合はある程度データなどの裏付けが必要になりますが、これだけでもフォローしてくれる人は格段に増えるはずです。

そのためプロフィール欄を充実させたり、自己紹介ツイートをしたりするのがおすすめです。

またパーソナルな面を多く開示(大学生や会社員といった感じ)すれば、こちらに親近感がわいてフォローしてくれることが増えますし、こちらがフォローした際もそれを返してもらえる率が高まります。

1.2 同志かつフォローを返してくれそうな人をフォロー

実績なんか何もないですって人ももちろんいるかと思います。

その場合でもTwitterを諦める必要は全くないです。

実は私もその1人で、一応あるにはあるんですが、身バレのリスクが高すぎるので言っていません。(笑)

開示している情報は現在大学4年生だということぐらいです。

もちろんそれだけでも同じ大学生の方が親近感を感じてフォローしてくださる場合が多くありますので、可能な限り開示した方が良いと思います。

では、それ以外に出せる情報が何もない時はどうすればいいのか。

その場合はタイトルにも書いた「同志かつフォローを返してくれそうな人をフォロー」することが有効です。

というより、いくら実績がある状態で発信しても見てくれるフォロワーの方が0人であれば拡散されようがありませんから、これも非常に重要と言えるかもしれません。

同志をフォローするというのは具体的には2つあります。

・自分と同じ種類のアカウントをフォローする(ブロガーであればブロガーをフォローすると言った感じ)

・そのツイートを読んでもらいたい人たちを中心にフォローする(誰に向けて発信をするのかが明確な場合)

この2点です。私はこの2つをリンクさせている感じで、ブログアカウントをフォローして、そこに向けてブログの新規記事の告知を行うようにしています。

別にどちらか1つでも構わないのですが、2つともあるとより伸びやすい印象です。(例えば、主婦の方が同じように主婦をやられている方をフォローし、そのあるあるや悩みを発信するなど)

ですが、ただこれをやれば良いかというとそういうわけではありません。

闇雲にプロフィールだけを見てフォローしていてはフォロー数ばかりが増えて、全然フォロワー数が増えないなんていうことになりかねません。

そこで重要なのがフォローを返してくれやすそうな人を探すことです。

正直、全作業の中でこれが1番地味かつ大変です。恐らくここで心が折れてしまう人が何人もいます。

ですから、きついのは嫌という方はアカウント名やプロフィールを見て、同志の方をどんどんフォローしていけばよいです。

フォロー数がフォロワー数よりも明らかに多くなってしまう可能性は高まりますが、かなり早い段階で達成できると思います。

フォロー数を1000人以下に抑えて1000フォロワーを達成したい方は必ず以下の2つに当てはまるアカウントをフォローしましょう。

・フォローとフォロワー数の比率が同じぐらい

・最近活動をしている(ツイートやいいね、リプなど)

まず1点目について深堀していきます。

これは例えば300フォローに対して1000フォロワー以上いる方などを指しています。

私の経験的にもフォローに対してフォロワーの数が2倍以上いるアカウントはほとんどフォローを返してくれなかった印象があります。

ただフォローしている人数が多いほど(例えば700:1300など)返してくれる確率が高まる傾向にあります。

狙い目はその比率がほぼ同じかフォロー数が若干多いぐらいのアカウントです。

そういう場合はこちらと同じようなことを考えている可能性が高いですからフォローを返してくれる可能性が極めて高いです。

後これはマインドに関する話ですが、フォローを返してもらう目的でこれをやると恐らく続きません。

この人と一緒にがんばりたい、高め合っていきたいという思いを持ってフォローすることが重要です。

そうすればフォロワーが増えた分だけ一緒に頑張る仲間もできたことになるわけですから、非常にモチベーションが高まるはずです。

1.3 いいねやリツイート、リプなどで反応

この目的は主にフォロワーの方と仲良くなることです。

そうすると、こちらもいいねやリプをしてもらえる可能性が高まります。つまり、自分のアカウントやツイートが拡散されていくわけですね。

こちらのアカウントが自分のフォロワーでない方の目に映れば映るほど、フォローをしてもらえる確率が高まります。

個々でフォローをされているアカウントは多少なりとも異なるはずですから、少しずつその輪が広がっていくことになります。

私の場合ですと、いいねはかなり積極的にしますが、リプやリツイートはほとんどしていません。

まずリプは正直怖いからです。(笑)

知らない方に絡みに行くというのは、いくらSNS上とは言えなかなか勇気のいる行為です。

私にはそれができませんでした。(リプしたい内容のツイートをしている方に対しては遠慮することなく行っていました。私の言っているのは仲良くなる目的で無理やりリプすることです。)

こちらをすればより早く1000人を達成できると思います。

また、リツイートに関しては注意が必要で、あまりにやりすぎるとフォロワーの方からうざったく思われてしまう恐れがありますので、適度な頻度を心がけた方が良いです。

1.4 なるべく多くの有益ツイートを発信

これは文字通りなのですが、有益ツイートってそもそもどんなの?ってなる方も多いと思います。

それはずばり、多くのいいねやリツイートもらえるツイートです。

正直内容は何でも良いわけです。

こればかりはアカウントのジャンルにもよるわけですが、例を挙げてみると

りくと
りくと

あー眠い。今日疲れたわ。

りくと
りくと

今日は○○大会で優勝しました!

こんな感じですかね。どうでしょう、これなら明らかに下の方のツイートにいいねがくるのは想像するまでもないですよね。

基本的に成果が出た系のツイートはウケが良いです。以下は私がこれまでに最もいいねをもらったツイートになります。

367いいねもついていますよね。Googleアドセンスに合格しましたという報告ツイートです。こういった成果報告ツイートはどこに行っても基本ウケは良いです。

この人すごいなと思ってフォローしてもらえる可能性が高まります。

この他で基本的に私がウケが良いと思っているのは以下の2点です。

・努力を示す(1日の内〇時間取り組んだなど)

・成長を示す(〇週間でこれだけできるようになった)

私の経験上、こういった感じのツイートはどこに行ってもウケが良いです。後のツイートに関してはフォローされているアカウントによります。

病んでいるアカウントが多ければネガティブな内容の方がウケが良かったりしますし、逆にポジティブ発言がとことん好かれる場合もあります。

こればっかりは探っていくしかないので、1日を終えたらその日の自分のツイートを確認してみて、いいねやリプ、リツイートの数からどのツイートがウケが良かったのかを分析しましょう。

その反省を生かしてどんどん改善していけば有益なツイートを連発できるようになるはずです。

また、この章のタイトルで「なるべく多く」とつけていますが、フォロワーを増やしたいのであれば、最低でも1日5ツイートはしたいところです。

可能であればツイートする時間も2、3時間おきなど分散した方が良いです。

「ソーシャルドッグ」というアプリはツイートの予約投稿などが簡単にできて非常に便利なアプリですから、非常におすすめです。

ツイートを1日に5つもするネタが無いという方は、ツイートには「おはよう」「成果報告」「努力報告」「成長報告」「おやすみ」「時事」「エンタメ」など様々なジャンルがありますからぜひ参考にしてみてください。

ただ、有益でないツイートを連発してしまうようであれば、わざわざしない方が良いです。

自分に合ったうまい具合のバランスを探っていきましょう。

時には有益でないツイートをすることで、人間味が感じられてフォロワーさんからの印象が上がるなんてこともありますので、絶対に有益ツイートをしないといけないというわけではないです。

その辺に関してもとにかく分析です。

1.5 ハッシュタグを有効活用

最後はハッシュタグの有効活用です。

ハッシュタグをうまく使えば自分のフォロワーでない方にもツイートを見てもらえる可能性が高まります。

自分が欲しているフォロワーはどのハッシュタグを見ているのか、または使用しているのかをしっかりとリサーチし、それに合ったものを適宜使っていくようにしましょう。

ただ使いすぎてしまうと肝心な自分がツイートできる文字数が減ってしまいますので、使ったとして最大で5つぐらいまでに抑えると良いでしょう。

2. フォロワー数の推移

では最後に私がフォロワー1000人に至るまでのフォロワー数の推移を100人ごとに見ていきます。

これを見ればどれぐらいのペースでフォロワーを増やしていけば、25日で1000人に到達できるかがわかると思います。

2日目 100

3日目 200

5日目 300

8日目 400

9日目 500

12日目 600

14日目 700

19日目 800

21日目 900

25日目 1000

後半はかなり大変でした。もう途中からはタイムラインを全て見切れなくなってきたこともあってフォローを増やすのは700人ぐらいのところでやめました。

現在は690フォローに対して、1131フォロワーです。

ある程度ツイートのコツが掴めて来ると、フォローする人数を増やさないでもフォロワーを増やすことが可能になります。

正直、1000人までなら努力すれば誰でも達成可能だと思います。

まずはフォロワー1000人を達成してある程度の影響力を獲得しましょう!

 

本日の記事はこれで以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。それでは失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました