【彼女、お借りします】8話の感想&考察【水原のツンデレがかわいすぎた】

こんにちは、りくとです。

今回は2020年夏アニメ『彼女、お借りします』、通称「かのかり」8話の感想&考察を行っていきたいと思います。ちなみに私は原作の最新話まで読んでいます。

『彼女お借りします』のアニメを全話無料で視聴したい方は以下記事をご覧ください。

1.『彼女、お借りします』の前回までのあらすじ

前回は瑠夏ちゃんがなんと和也に告白し、彼女になるという超展開でした。付き合ってくれないと水原がレンカノだということをバラすかもしれないということで、若干おどしも入っていましたね。ひとまずはお試しの彼女という感じです。

また、前回は瑠夏ちゃんの特別エンディングとなっていました。瑠夏ちゃんの心臓の病気についての話が盛り込まれており、思わず涙してしまいました。

2.『彼女、お借りします』8話の感想&考察

【彼女、お借りします】8話の感想&考察【水原のツンデレがかわいすぎた】

いやあ今回は前半は瑠夏ちゃんが、後半は水原がかわいすぎました。また、新キャラの海くんが登場したり水原が女優であることがわかったりとかなりの重要回だったと思います。

それでは冒頭のシーンから順に写真を添えつつ振り返っていきます。

まず最初は和也が瑠夏ちゃんに束縛されまくってるシーンです。1日に2回は電話、LINE50通、既読スルーNGなど鬼のようなノルマを課されている和也。これはさすがに気の毒でした。(笑)

そして、和也が大学へと向かうと「サプラーイズ」ということで瑠夏ちゃんが学校に来てしまいました。私にとってはめちゃくちゃ羨ましいわけですが、和也は前回の栗林の件もあり、気まずい模様。

その後も瑠夏ちゃんはお構いなく和也にぐいぐい行きます。普通の男なら間違いなく喜ぶシーンですね。

そしてその姿を見た水原はこの表情。少し嫉妬しているようにも見えますね。友達にはなんでもないよと答えていました。

その後和也は無事に家に戻ると瑠夏ちゃんからクリスマスの予定に関してこんなLINEが届きます。いやあ和也からしたら大変なのかもですが、顔写真付きで送ってくれるあたりめっちゃいいじゃんと思いました。こんなLINEがもし自分に来たらウハウハで予定をあけますね。(笑)

そして、和也は水原とクリスマスを過ごすシーンを想像します。このシーンの水原サンタがかわいすぎたので載せておきますね。これは間違いなく誰もが理想とするクリスマスだと思います。

ここで場面は変わり、主人公が年末の家賃の振り込みをしに行くシーンとなります。ここで和也が生活費がかなり減ってきたなみたいなことを言うわけですが、貯金はまだ20万もあり普通に多かったです。

私は大学生ですが、貯金なんて無いので和也は偉いなあなんて思いましたね。ただ、水原をこれからもレンタルするとなると到底足りなさそうです。(笑)

和也が振り込みを終えて家に帰ろうとすると、仕事姿の水原を偶然見かけます。ここで海くん初登場ですね。和也はシンプルに仕事だと思って帰ろうとするんですが、ここである疑念が湧き上がります。

それは、水原に彼女はいるのかということです。海くんは彼氏なのか、はたまた兄弟か何かなのか、和也は気になりすぎて思わずストーカーしてしまいます。

水原と海くんの2人は非常に仲が良さそうな感じで、映画にランチ、ショッピングなどをしていました。この間も和也はずっとストーカー。もう普通にヤバい奴ですね。

和也はほんと水原のことが好きなんだなあと思いました。仮ではありますが、瑠夏ちゃんという彼女がいながら全くけしからんですね。

そして和也が仲睦まじい2人の様子を見てカップルだと確信し、打ちひしがれながらトイレに入るとなんと海くんと遭遇します。そこで海くんが何やら怪しげな電話をしていたので、和也は水原が何か悪いことに利用されているんじゃないかと勘繰り始めます。

彼は人一倍正義感が強く、なおかつ水原のことなのでもう必死ですね。特に確認をすることもなく海くんが悪者だと確信します。

そして和也はトイレから出ると、水原と海くんがキスをしそうになっているのを見かけます。結局これは勘違いだったわけですが、和也は勢い余って飛び出てしまい、ついにストーカーが発覚します。

よくここまでバレずにストーカーできたものだとほめてやりたいぐらいですね。(笑) この後、和也の考えは全て誤解だったことが分かり、その過程で水原が女優だという事実を知ることができました。

これには驚きましたね。しかも和也へのプレゼントを選ぶために海くんを呼んだとのこと。ショッピングで購入していたのは和也のためのものだったわけですね。まさかまさかの展開でしたねほんとこれは。

そして和也にプレゼントを渡した水原はこの表情。いやあほんとかわいすぎますね。水原は海で自分を助けるために和也のスマホケースが壊れてしまったこと、また瑠夏ちゃんを任せっきりにしてしまっていることのお詫びでスマホケースをプレゼントしてくれたようです。

しかも渡したときのセリフが最高でした。「プレゼントとかじゃないから、お詫び、お詫びだから」ともうツンデレ全開でした。水原はホント最高ですね。

こんな感じで8話の感想&考察は終了とさせていただきます。ここまでお読みいただきありがとうございました。それでは失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました