【SAO アリシゼーション WoU】20話の感想&考察【圧巻のバトルシーン、作画班の皆さまに感謝】

こんにちは、りくとです。

今回は2020年夏アニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』、通称「SAO アリシゼーション WoU」20話の感想&考察を行っていきたいと思います。ちなみに私は原作を読んだことが無い状態です。

『ソードアート・オンライン』のアニメを全話無料で視聴したい方は以下記事をご覧ください。

「SAO アリシゼーション WoU」20話の感想&考察

【SAO アリシゼーション WoU】20話の感想&考察【圧巻のバトルシーン、作画班の皆さまに感謝】

いやあ今回もすごかったです。キリトとガブリエルのバトルシーンがメインの回となりました。あと10分で倒さなくてはアンダーワールドに200年間も閉じ込められてしまうという絶望的な状況での戦いは本当に見事でした。

それでは冒頭のシーンから順に写真を添えつつ振り返っていきます。今回はバトルシーンがメインで、なおかつこれまでのキャラクターが多く出てきた回ということもあり、写真を多めに使って書いていきます。

前回アマヨリの絶体絶命のピンチに駆け付けたキリトはアリスに向けてこの表情。開幕からかっこよすぎますね。

そして、アリスの手元にミニチュアサイズになったアマヨリが来ます。この後卵の状態まで戻ることになるのですが、このちびっこ飛竜たちがえらくかわいかったです。

その後、アリスとアスナは果ての祭壇へと向かいます。時間のない中、なんとか最後の力を振り絞ります。このツーショットもなんだか感慨深いものがありました。

一方キリトはいよいよガブリエルと対峙します。キリトはガブリエルにお前は何者かと問われ、一瞬闇に飲まれそうになりますが、それを救ってくれたのはまたしてもユージオでした。ほんとキリトは何度ユージオに助けられるのでしょうか。いよいよユージオも正ヒロインと名乗って良さそうです。

そしてバトルシーンですね。これはホント圧巻でした。作画班がんばりすぎじゃないかってぐらいの作画クオリティで超高速バトルが見事に見事に再現されていました。

相手のガブリエルの強さは半端なく、攻撃をいくらしても即座に再生されてしまいます。そしてついには両足を切り落とされてしまいます。

ここでキリトは、自分を想ってくれる仲間のことを考えず、本当は自分はアインクラッドを超えるこの世界にとどまり続けたいのではないかと自問自答します。

それを救ってくれたのはまたしてもユージオでした。キリトはこの世界のみんなを愛しているから残りたいだけなのだと言ってくれました。ほんといいこと言いますねユージオは。1番頼りになるキャラだと思います。まさしく正ヒロイン。

そしてキリトはこの攻撃。めちゃくちゃかっこいいですね。その後、キリトのもとにみんなの想いが集まります。

シノンとリーファは2人ともボロボロながらもキリトに最後の想いを届けました。愛を強く感じるシーンでしたね。

リズベットとシリカはどちらもキリトのことが好きだと告白します。キリトさんがモテモテすぎてビビりますね。でもあれだけかっこいいわけですからある意味当たり前な気もしました。

そしてまさかのノーコメント、クライン。(笑)

レンリやティーゼたち、その他アンダーワールドのみんながエネルギーを届けます。

これはTwitterのTL上でも話題になってましたが、あのドラゴンボールに出てくる必殺技、元気玉ですよね。思わず笑ってしまいました。形は少し違えど、最後はやはりみんなの想いのおかげで勝てるんだなと思いましたね。

そしてアリスですね。アリスもキリトが好きだということを打ち明けます。ほんとキリトはモテモテですね。それにしてもこの写真のアリスはかわいすぎました。

そしてアスナですね。涙を流しながら思いを届けます。ここもグッときましたね。

キリトはみんなから力をもらったおかげで足が復活し、エネルギーに満ち溢れた姿となります。これめちゃくちゃかっこいいですね。まさしく最終形態という感じですね。

ここのシーンもめちゃくちゃ良かったですね。キリトがこれまでに出会ってきたキャラクターが助言をくれ、背中を押してくれます。

ただガブリエルはそれよりもさらに強く、キリトは片腕を切り落とされしまいます。そんなときに力を貸してくれたのが、またしてもユージオです。

もう一体何回キリトのピンチを救ってくれるのでしょうか。このシーンはまさしく親子かめはめ波と言わんばかりのシチュエーションでしたね。もう最高でした。

そして、ついにガブリエルを倒し、無事みんなは現実世界へと戻るわけですが、唯一キリトのみがアンダーワールドに取り残されてしまいました。ここでキリトは涙を流すわけです。

これまでずっと効率を求め、孤独に戦ってきた男がみんなともう会えないことを悲しみ、そしてみんなに申し訳ないと思い、大粒の涙を流します。これは辛かった。見ていて胸が締め付けられました。

そこで現れたのがアスナなんですよね。これには驚きすぎて、思わず言葉を失いました。さすが正妻、これぞメインヒロインと言わんばかりの展開ですね。キリトのことを全て見通したうえでの決断なのでしょう。

今は次回が楽しみすぎて早く来週になってくれという思いしかないです。今回もリアタイしましたが、来週も必ずリアタイしたいと思います。

今回の記事はこれで以上となります。

ここまでお読みいただきありがとうございました。それでは失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました