【リゼロ(第2期)】9話(34話)の感想&考察【魔女が大量出現、それでもやはり、エキドナが好き】

こんにちは、りくとです。

今回は2020年夏アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』第2期、通称「リゼロ(第2期)」9話(34話)の感想&考察を行っていきたいと思います。ちなみに私は原作を読んでいない状態で今回の記事を書いていきます。

『Re:ゼロから始める異世界生活』のアニメを全話無料で視聴したい方は以下記事をご覧ください。

【リゼロ(第2期)】9話(34話)の感想&考察

【リゼロ(第2期)】9話(34話)の感想&考察【魔女が大量出現、それでもやはり、エキドナが好き】

前回、スバルの死に戻りをようやく理解してくれる人物が現れたわけですが、それがエキドナでした。今回はそのエキドナを始めとする魔女が大量に出てくる回となりました。

またタイトルも特徴的ですね。「らぶらぶらぶらぶらぶらぶゆー」というどれだけ愛しているんだという感じのタイトルですが、これが今回の話にどのようにして絡んでくるのかというのが見どころとなりそうです。

いやあ正直アニメを1回見ただけでは全く理解が追い付かなかったですね。展開がほんと目まぐるしく変わるので、原作を読んでいない状態でアニメを見た人で、1度で全てを理解できたという方はいないのではないでしょうか。

ただ、これだけわからなくてもめちゃくちゃおもしろかったですので、この作品のクオリティがいかに高いかがよくわかると思います。

私の場合はアニメの理解を深めるために必ず原作者の鼠色猫先生/長月達平先生のTwitterを見るようにしています。こちらでは毎回、先生が自ら作品の解説をしてくださっています。

アニメでは語られることの無かった部分や展開が早すぎてわからなかった部分も丁寧に解説してくださっているので、非常に助かっています。この解説をじっくりと読んで、さらにアニメをもう1回見た上で、今回の感想&考察を行っていきたいと思います。

それでは冒頭のシーンから順に写真を使いながら振り返っていきます。

まずは前回スバルがエキドナの茶会に招かれた続きからですね。「死に戻り」が嫉妬の魔女の力によって起きていることが判明したばかりか、ずっと謎とされてきた回数制限についても今回明らかになりました。

エキドナの答えとしては、回数制限は「ない」です。これは嫉妬の魔女がスバルを気に入っているからこそ起きる現象であり、それがなくならない限り死に戻りは永遠に起こり続けるということですね。

セーブポイントがどのようにして決まるのかなどはまだ明らかになっていませんが、今回この作品の核となる部分が判明したのは非常に大きいのではないでしょうか。

ただ、スバルは本当にすごいですね。人って1回死ぬだけでも異常なまでの苦痛だと思いますが、それをスバルはもう10回以上繰り返しているわけです。本当にもう尊敬の域です。

レムを救えなかったことに関しては、その死に戻りの能力があくまでスバルに限定的に働いているからこそ起きるためだとわかりました。スバル以外の人のことは全く考慮されていないわけですね。つまり、スバルにも確実に限界が存在するということが言えます。

大兎に関しても色々と明らかになりましたね。大兎とは前回スバルをえぐいことにした張本人ですが、戦闘力は当然白鯨には劣るものの、討伐は圧倒的に難しいみたいですね。何より恐ろしいのがその生存力だそうで、単体が無限に分裂して増える特性があるようです。

もう考えただけでもおぞましくなってきましたね。ここでエキドナから、大兎の討伐方法を探るための手立てとして暴食の魔女・ダフネと会ってみるかと提案され、スバルは会うことを決意します。

最初に出てきたこの幼女が傲慢の魔女・テュフォンです。最初にスバルの手を握って悪人ではないかと問いかけるわけですが、それによってスバルの腕がなくなってしまいます。見た目とは裏腹にえぐすぎますねこれは。そしてスバルは全身バラバラになります。(笑)

2番目に出てきたのが憤怒の魔女・ミネルヴァです。彼女はバラバラになったスバルの体を直してくれます。このキャラは優しいかつかわいかったです。まあ全容はよくわかりませんでした。

そしてついに暴食の魔女・ダフネが姿を現します。このキャラの声なんか聞いたことあると思ったら東山奈央さんがやられていたんですね。かのかりの更科瑠夏や俺ガイルの由比ヶ浜結衣の声を担当されている方です。

こいつは見た目とは裏腹に案外まともなことを言っていた気がします。相手を食べようとするのに自分が食べられる可能性を考えないのはちょっと勝手すぎないかという話は、確かになあと思いましたね。大兎の討伐方法に関してもヒントをくれるなど、普通にいいキャラだった気がします。

ただ、三大魔獣を食べ物としか思っておらず、ひたすらに恐怖しました。(笑)

そしてスバルはまたエキドナのもとに戻ってきました。その後すぐ、エキドナは魔女の中でもすごくまともだとスバルが言うのですが、これに対して非常にわかりやすく機嫌が良くなるエキドナははちゃめちゃにかわいかったです。やはり、エキドナしか勝たんという感じですね。

また、エキドナがエミリアに全く期待していないことが明らかになります。茶会に再び来るのもかなり厳しいようですね。毎回条件が厳しくなるそうですから、要するにあの兎に食い殺された以上の嘆きが必要となるわけですね。端的に言うと地獄ですね。

その後、今回も記憶を定着させたまま戻ることに成功します。ただ問題はありまくりで、スバルが外に出ると影に覆われていることに気づきます。そして、嫉妬の魔女の登場ですね。この写真は嫉妬の魔女がひたすらにスバルに愛してると言い続けているシーンになります。

これが今回のタイトル「らぶらぶらぶらぶらぶらぶゆー」につながっているわけですね。それにしてもこの愛はかなり重そうです。スバルもほんと大変ですよね。愛してるがあんなに恐ろしく聞こえる日が来るとは。。

今回の現象が起きたのは恐らくエキドナに死に戻りを告白したからですよね。嫉妬の魔女はわかりやすく嫉妬しているという感じでしょうか。あー恐ろしいです。

このスバル絶体絶命の状況を救ってくれたのはガーフィールでした。ほんと彼は敵になったり味方になったりせわしないですが現時点においては味方のようです。

そして最後、ロズワールがめちゃくちゃ怪しげな雰囲気を醸し出しています。もしかすると、ロズワールはスバルの死に戻りのことを知っているのでしょうか。また最後に見えた福音書のようなものはいったいなんなのでしょうか。もう気になることが多すぎますね。

来週の放送を楽しみにしつつ、今回の「リゼロ(第2期)」9話(34話)の感想&考察を終えたいと思います。ここまでお読みいただきありがとうございました。それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました