【就活体験記】インターン後に参加した全説明会と行ったOB訪問まとめ

こんにちは、りくとです!

今回はインターン後に参加した全説明会と私が行ったOB訪問について書いていきます。

これを読めば、大体のスケジュール感を掴めると思います。また、OB訪問での質問内容等についても書いてありますので、これからOB訪問をする方には大いに参考になる内容だと思います。

1.インターン後に参加した全説明会

1つ1つ概要を書いていると日が暮れそうですので、行った合同説明会などの日程と、そこで話を聞いた企業名について触れていきたいと思います。

10/8 ゼミOBと内定者による座談会(所属ゼミでは無くても入れる形式) 講談社、集英社

10/14 就職ウォーカー KADOKAWA

10/31 コラボセミナー キッコーマン、サッポロビール、ロッテ

11/5  シンアド就活 集英社

11/14  HELLO,VISITS みずほ銀行、小学館、サッポロビール、オリックス

11/22  キャリタス 小学館、講談社、KADOKAWA、日清食品、アサヒビール

12/16  体感セミナー サントリー

12/16  スポナビ JR東海、雪印メグミルク、アサヒグループ食品

1/15  ウェブセミナー 日本経済新聞

2/2  マイナビ スクウェア・エニックス、コナミ、ソニーミュージック、東宝

2/11  ブンナビ 明治グループ

2/11 ダイモンド テレビ東京

2/12 マス読ライブ 新潮社、文藝春秋、小学館、講談社

2/20 クリ博ナビ NHK、WIT STUDIO、CloverWorks、A-1 Pictures

3/5 ウェブセミナー NTT西日本

3/13 ジョブフォーラム 中部電力

3/28 ウェブ説明会 山崎製パン 

3/31 ウェブ説明会 森永乳業

こう並べてみるとすごい数になりましたね。ノートに書きこんでいた分になるので実際はもう多い数になるかなと思います。実に約40社分ですね。

コロナの影響で多くの企業が本選考のウェブ説明会にしたので、それが全て対面になっていたらさらにすごい数になっていたことと思います。

見ていくと気づくかもしれませんが、ほとんど毎回違う会社が主催する合同説明会に行っています。

これは何も意識していなかったですが、マイナビ、リクナビだけでなく、多くの就活サイトに登録しておくことで、より情報収集しやすくなるということが言えると思います。

私が登録していたのはマイナビ、リクナビ、キャリタス、ワンキャリア、シンアド、クリ博、ダイアモンドあたりでしょうか。すごい数ですね。

実際にエントリーするのに使ったのはほとんどマイナビですが、説明会となると少しでも多くの就活ナビを利用しておいた方が良さそうです。

こうしてすべての説明会を終えました。

特にインターン時と志望度の変化が見られなかったのもあり、各説明会の概要は割愛させていただきます。また企業研究編として書くことがあるかもしれません。

この中で最もありがたかったのは1番初めにあるゼミでの説明会です。

自分の所属していたゼミであったわけではないのですが、出版のOB訪問先を探していた際、偶然にもこのイベントの主催者と連絡を取ることに成功しました。

そして、幸運なことに集英社と講談社のOBの方と連絡先を交換することができたのです。

実際に動いてみるものだなとこの時強く思いました。

2.OB訪問(質問内容など)

こうして先ほど連絡先を交換したOBの方2人とビズリーチキャンパスからお願いさせていただいた講談社のOBの方1人の合計で3人の方にOB訪問を行いました。

いずれも出版業界の方です。私自身これ以外のOB訪問は行いませんでした。出版が圧倒的に第一志望であったことがその理由です。

〈実際に伺った質問内容〉

・仕事内容

・スケジュールに関して

・キャリアパスについて

・業界や貴社の今後の動向

・競合他社と比べた貴社の特徴や強み、弱み

・貴社の雰囲気、風土 ・選考に関して(採用基準等)

・本選考までに取り組んでおいた方が良いこと

・就職活動をしていた際の軸

・志望業界、企業、職種

・ESについて

・筆記試験について

・面接について

・自己PR、志望動機に関して

質問はこのような感じでしていました。

社員の方の年次によって、また何回目のOB訪問かによって内容は変えていった方が良いと思います。

ESを見てもらう場合にしても、ただそれだけのためでは失礼に当たると思いますので、まずは仕事内容など実際に行っているお仕事のお話を聞いたうえで、進めていった方が良いと思います。

どのOBの方も非常に親切で、やってよかったと強く感じました。

この他にも大学のOB名簿やマッチャ―などからOBの方を探すことも可能ですが、私の志望業界の場合はなかなか見つからずこれにて断念しました。

ただ、その企業の内定者の方にESを見ていただけるというのはとてつもないアドバンテージになりますので、何としても見てもらうべきです。

私自身、OBの方に見ていただいたESは全て通過しましたし、間違いないと思います。

逆に誰にも見てもらっていないESはけっこう落ちてしまいました。誰かに目を通してもらう、というだけでも大きいです。

OB訪問のやり方や私が行ったOB訪問のそれぞれの詳細につきましてはまた別記事にて書こうと思います。

書きたいことがどんどん増えてきましたが、何とかまとめ切って、皆さまにとって有益な記事となるよう努力します。

 

本日はここまでお読みいただきありがとうございました。それでは失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました