映画『名探偵コナン』の大ヒット理由を徹底考察【その魅力を語る】

こんにちは、りくとです!

今回の記事では、映画『名探偵コナン』が大ヒットを連発している理由を考察していきます。

これを読めば、なぜ『名探偵コナン』の映画が右肩上がりの成長を続けることができているのか、よくわかると思います。

1.映画『名探偵コナン』はどれほどヒットしているのか

まずは実際、映画「名探偵コナン」がどれほどのヒットをたたき出しているのかについて見ていきたいと思います。

以下にそれぞれの映画の公開日と興行収入についてまとめました!

1.1 名探偵コナン歴代映画作品一覧

公開日タイトル興行収入
1997年4月19日名探偵コナン 時計じかけの摩天楼11億円
1998年4月18日名探偵コナン 14番目の標的18.5億円
1999年4月17日名探偵コナン 世紀末の魔術師26億円
2000年4月22日名探偵コナン 瞳の中の暗殺者25億円
2001年4月21日名探偵コナン 天国へのカウントダウン29億円
2002年4月20日名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊34億円
2003年4月19日名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)32億円
2004年4月17日名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)28億円
2005年4月9日名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)21.5億円
2006年4月15日名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)30.3億円
2007年4月21日名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)25.3億円
2008年4月19日名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)24.2億円
2009年4月18日名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)35億円
2010年4月17日名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)32億円
2011年4月16日名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)31.5億円
2012年4月14日名探偵コナン 11人目のストライカー32.9億円
2013年4月20日名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)35.7億円
2014年4月19日名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)41.1億円
2015年4月18日名探偵コナン 業火の向日葵44.8億円
2016年4月16日名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)63.3億円
2017年4月15日名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)68.8億円
2018年4月13日名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)90.0億円
2019年4月12日名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)93.7億円
2020年4月17日名探偵コナン 緋色の弾丸(ひいろのだんがん) 

こうして見てみると、近年の伸び率は特にすごいことがわかりますね。

これまでに23作品公開されていますが、その全てで10億円超え、最近では100億にも届く勢いです。

毎年公開しているというだけでも快挙だというのに、ただ安定してヒットするのに留まらず、興行収入を伸ばしてきているのは凄まじいことだと思います。

同じ少年漫画で4億5000万部以上を売り上げている大ヒット漫画『ONE PIECE』と比べてもその凄さは圧倒的です。

参考までに比較すると、ワンピースは最初こそ、毎年公開していたものの最近では3年に1度ほど、最もヒットした「ONE PIECE FILM Z」でも興行収入は68.5億円です。

それに対してコナンは「紺青の拳」が93.7億円ですので、いかにコナンの映画がすごいのか、おわかりいただけたかと思います。

2.映画『名探偵コナン』のヒット理由2選

では次に、なぜこれほどまでコナンの映画はヒットすることができたのか、その理由を考察していきます。私はその理由は主に以下の2点だと考えています。

1.数多くの魅力あるキャラクターたちの存在

2.圧倒的アクションシーンの数々

それでは以下からこの2つについてそれぞれ深堀りしていきます。

2.1 ヒット理由① 数多くの魅力あるキャラクターたちの存在

これまでの軌跡を見ていくと、必ずしも最初から大ヒットしていていたわけではないことがわかります。

人気キャラクターの怪盗キッドが登場する回は毎回ヒットしている印象がありますが、決定的とは言えません。

黒の組織が登場する回も大人気には違いありませんが、物語の核となる存在ですから当然な気がします。

ではこれほどまでのヒットに仕立て上げてくれたキーパーソンはいったい誰なのでしょうか。私がそうだと考えているのは以下の3人です。

キーパーソン1 赤井秀一(あかいしゅういち)

まずはこの男、赤井秀一です。

簡単にプロフィールを紹介しておくと、彼はFBI捜査官の1人にして実質的エース格で、FBIの切り札的存在です。

高い推理能力・捜査手腕・身体能力・700ヤード離れた場所から小さな盗聴器を正確に狙撃するスナイパーとしての技術を持っています。

あの黒の組織のボスからは、唯一狼人間を倒すことのできる白銀の銃弾になぞらえ、組織を壊滅させ得る「シルバーブレット」として恐れられています。

現在は「沖矢昴(おきやすばる)」という架空の人物になりすまして潜伏し、単独行動をとっています。

赤井さんは、劇場で「了解」と言葉を発しただけで観客がざわつくほどの人気ぶりです。(これには別の理由もありますが。。)

映画「異次元の狙撃手(いじげんのスナイパー)」で出た際には初の40億円超えの立役者と言っても過言ではないと思います。

私自身もとてつもなく高揚感が高まったのを覚えています。

彼はとにかくクールでかっこいい。推理力、身体能力共に抜群で、推理にもバトルにも参加することができます。

コナン以上に頭が切れるのではと思う場面もちらほらあり、今後の動向に目が離せません。

彼がコナンの女性人気の火付け役となったのではないでしょうか。

キーパーソン2 安室透(あむろとおる)

こちらは最近人気急上昇、番外編で主人公をするほどの人気を出している安室透です。

まあ正直言ってこの写真だけ見てもイケメンすぎます。

もちろんかっこいいだけでなく、普段の優しいお兄さん感と公安の顔を見せる際のクールさが定評を呼んでいるのだと思われます。

彼がメインに描かれた映画「ゼロの執行人」では初の90億円台をマークしています。

簡単に彼のプロフィールを見ていくと、彼は、小五郎に頼み込んで探偵としての弟子となる傍ら、彼の事務所の階下にある喫茶店「ポアロ」でアルバイトをしている私立探偵です。

しかしそれは表の顔。彼の本名及び真の正体は、警察庁警備局警備企画課(通称「ゼロ」)に所属する公安警察官・降谷零(ふるやれい)です。

この設定だけでもかっこよすぎますね。

また、黒の組織で「バーボン」として潜入調査を行っています。

先ほど登場した赤井さんに因縁のあるキャラとして描かれており、安室さん唯一の弱点だそうです。

彼の登場で、コナンのファンは完全に女性の方が多くなったと考えています。男の私から見ても2人ともとてつもなくかっこいいですからね。

ダブルフェイスという響きはたまらないですし、何より彼らは物語の非常に重要な部分に位置しています。

今やサンデー(コナンが連載されている漫画雑誌)は女性読者が7割だそうです。少年漫画なのに女性の読者の方のほうが多いとは、コナン人気恐るべしです。

キーパーソン3 京極真(きょうごくまこと)

最後のキーパーソンは、先ほどまでとは明らかに異なる立ち位置にいるキャラ、京極真です。

彼は園子の彼氏ではありますが、黒の組織とは全く関係ありません。

ただ、今回の映画や以前のアニメでキッドと対峙した際、その圧倒的な戦闘能力に度肝を抜かれた人も多いのではないかと思います。

何せ彼は、空手の全世界は公式戦で400戦無敗を誇り、「蹴撃の貴公子」「孤高の拳聖」の異名で有名であるほどの実力者で、その戦闘力はとても人間とは思えません。

アニメで、素手で分厚い柱を倒し、それらをシーソーとして利用し屋根の上に跳ぶシーンを見たときには彼は人間を卒業したと思いました。

彼もイケメンキャラであり、その丁寧な言葉遣いから女性人気が高いです。

キッドとの共演を果たした映画「紺青の拳(こんじょうのフィスト)」においては史上最高額の93.7億円をたたきだしています。

今後、彼がストーリーにどのように絡んでくるのか、楽しみです。

 

2.2 ヒット理由② 圧倒的アクションシーンの数々

コナンの映画と言ったらアクションシーンと言っても良いほど、映画ではアクションシーンが多い印象です。また、派手な爆発シーンも多くあります。

見ている中で推理だけではなく、こういった要素もあると非常に楽しめます。

特にコナンは映画だと人間離れしていて、ターボエンジン付きのスケボーの乗りこなしは凄まじいです。

また、お決まりのサッカーボールを蹴るシーンも今やアニメではほとんど出てきませんが、映画ではほぼ毎回と言っていいほど出てきます。

普段の麻酔銃で眠らせるおとなしい描写とはえらい違いです。

コナン以外で言うと、「純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)」での冒頭のカーチェイスシーンなんかも圧巻でしたし、赤井対安室、京極対キッドなどはとても推理漫画とは思えないほどの迫力あるバトルシーンが繰り広げられていました。

このように劇場版のコナンは、普段では見られないようなシーンをふんだんに盛り込み、なおかつそれを映画という舞台で最大限に発揮していると思います。

映画館で見る名探偵コナンの迫力は凄まじいですし、推理云々の前に、キャラ立ちがしすぎていてバトル映画としても成立しています。

その上で推理の要素が加わってくるわけですからおもしろいに決まっていますよね。

 

3.『名探偵コナン』の原作・アニメ・映画情報

最後に『名探偵コナン』の原作とアニメ、映画情報を紹介して終わりとさせていただきます。

3.1 『名探偵コナン』の原作情報

既刊98巻(2020年7月時点)で、累計発行部数は2億3000万部を突破しています。

3.2 『名探偵コナン』のアニメ・映画が視聴可能な動画配信サービス

Hulu(6万本以上の作品を2週間無料で視聴可能)(月額:1026円(税込))

※アニメの過去作(全23シーズン、903話)、映画(紺青の拳以外の22作品全て)が視聴可能

U-NEXT(見放題作品19万本以上を31日間無料で視聴可能)(月額:1990円(税抜))

※アニメの第21期(804話~844話)と第23期(887話~905話)、映画4作(ゼロの執行人、から紅の恋歌、純黒の悪夢、異次元の狙撃手)が視聴可能

Amazonプライム・ビデオ(30日間無料で視聴可能)(月額:500円(税込))

※アニメの過去作(全4シーズン、173話)が視聴可能

※どの動画配信サービスも無料期間中に解約すればお金はかかりません。

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

4.終わりに

ここまで映画「名探偵コナン」のヒット理由について考察してきました。

コナンは、普段のアニメは見ていないけれど、毎年映画だけは必ず見に行く、という人たちも大勢いると思います。

それだけ楽しめる要素が映画にはつまっているのです。

今年の映画では、キーパーソン1でも紹介した赤井さんを中心とする赤井ファミリーに焦点が当てられています。

赤井ファミリーには赤井秀一以外にもものすごいキャラ達ばかりいますので、見ないわけにはいきません。

赤井さんは100億の男になれるのか、という論争がにわかに盛り上がっていますが、私は公開が延期されたことも相まって、必ず達成できると信じています。

その際にはまた、それについての記事を書きたいと思っています。

今回の記事はこれで以上となります。

ここまでお読みいただきありがとうございました。それでは失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました